第十四条 放送事業者は、内外放送の放送番組の編集に当たつては、国際親善及び外国との交流が損なわれることのないよう

放送 法 第 四 条

  • 放送法第2条 - dskwiki
  • 放送大学学園法 - House of Representatives (Japan)
  • 公認心理師法施行規則 - mhlw.go.jp
  • 放送法第2条 - dskwiki

    放送法第2条 † ... 二十四 「基幹放送 局提供事業者」とは、電波法の規定により基幹放送局の免許を受けた者であつて、当該基幹放送局の無線設備及びその他の電気通信設備のうち総務省令で定めるものの総体(以下「基幹放送局設備」という。)を認定基幹放送事業者の基幹放送の業務の用に ... 放送法64条1項は、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」と定めているところ、争点①は、当該規定が、憲法13条から導かれる受信設備設置者の契約の自由、知る権利 ...

    放送法 - Ministry of Internal Affairs and Communications

    第二条 第一条の規定による改正後の放送法(以下「新放送法」という。)第二十条第九項の認可及び新放送法第百七十七条の規定による電波監理審議会に対する諮問並びにこれらに関し必要な手続その他の行為は、これらの規定の例により、この法律の施行前 ... 【弁護士ドットコム】最近少しもめかけたので確認のために参りました。 放送法第64条に「放送の受信を目的としない受信 ...

    放送法第64条1項の正しい解釈は?違反した場合のリスクとNHKへの対処方法!

    放送法第64条1項の正しい解釈は、どのようなものでしょうか?違反した場合のリスクとNHKへの対処方法はなにが正しいのでしょうか?2017年12月6日に、NHKの受信契約を拒んでいた男性が、放送法第64 放送法、六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。放送法64条にはこのように書いておりますが、どうも引っ掛かるのが、>協会とそ... 由の確保を定めた法第1条を具体化させるもの,②第4条1項の番組編集準則は, 放送事業者の自律のための倫理的規定と解釈しない限り,合憲性を認められるこ とは難しい との指摘があった。鈴木会員はさらに,ドイツの放送法制との比

    放送法第4条 - dskwiki

    放送法第4条 † (国内放送等の放送番組の編集等) 第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。 )の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 一 公安及び善良な風俗を害しないこと。 3 基幹放送普及計画は、第二十条第一項、第二項第一号及び第五項に規定する事項、電波法第五条第四項の基幹放送用割当可能周波数、放送に関する技術の発達及び需要の動向、地域の自然的経済的社会的文化的諸事情その他の事情を勘案して定める。 放送法15条についてそもそも放送法15条はnhkに科せられた義務ですよね? 山間地での地形難視地域では難視聴エリアであってもワンセグ・フルセグがアンテナで直接受信出来なくても法律上問題ないと言うことですか...

    NHK受信料 - Wikipedia

    放送法第2条において「放送」は、「公衆によつて直接受信されることを目的とする電気通信 の送信(他人の電気通信設備 )を用いて行われるものを含む。」をいう。また受信契約・受信料に関しては、放送法第64条(旧第32条)に基づく 。 規則第3条 法第八条第一項の主務省令で定める密接な関係を有する複数の法人は、次の各号 のいずれかに該当するものとする。 一 同一の親会社(会社法(平成十七年法律第八十六号)第二条第四号に規定する親会社を いう。)をもつ複数の法人

    なぜ放送法4条は倫理規範なのか(どうして総務大臣の電波停止・業務停止は許されないのか)。 - Everyone ...

    四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。 このように、放送法4条は放送の中身について「ねばならない」と書いてあります。放送局の表現の中身にまで踏み込んでしまっているのです。 ... ハ組織の概要(平成30年度役員の数、氏名、役職、任期及び経歴並びに職員の数を含む。) イ放送法第20条第13項の実施計画の実施の状況及びその ...

    放送法 - Japanese Law Translation

    3 基幹放送普及計画は、第二十条第一項、第二項第一号及び第五項に規定する事項、電波法第五条第四項の基幹放送用割当可能周波数、放送に関する技術の発達及び需要の動向、地域の自然的経済的社会的文化的諸事情その他の事情を勘案して定める。 安倍政権における放送法第四条第一項に関する諸問題に関する質問主意書 高市総務大臣は、平成二十八年二月八日の衆議院予算委員会の奥野総一郎議員の質問に対し、「法律というものは、やはり法秩序というものをしっかりと守る、違反した場合には罰則規定も用意されていることによって ... 5 放送大学学園は、私立学校法第三十三条の規定にかかわらず、この法律の施行の時に成立する。 6 第四項の理事長となるべき者は、放送大学学園の成立後遅滞なく、設立の登記をしなければならない。 (旧学園の解散等)

    放送大学学園法 - House of Representatives (Japan)

    二 放送法第十六条第四項第二号又は第五号から第七号までに掲げる者 三 電波法(昭和二十五年法律第百三十一号)第五条第三項各号に掲げる者. 2 電波法第五条第一項第一号及び第二号に掲げる者は、放送大学学園の理事となることができない。 1 登録申請に係る手続及び規定の概要 (1)登録【法第126条】<登録一般放送事業者> 一般放送の業務を行おうとする者は、総務大臣の登録を受けなければならない 放送法第4条を報道機関への介入に使うべきではない、あくまで報道機関の自主的な倫理規定である、との見解は、歴代大臣答弁でもその趣旨が ...

    NHKの受信が目的でなければ支払う必要ありません 放送法第64条1項

    nhk受信料 nhkの受信が目的でなければ支払う必要ありません 放送法第64条1項 放送法64条1項は「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備…を設置した者については ... 四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。 このように、放送法4条は放送の中身について「ねばならない」と書いてあります。放送局の表現の中身にまで踏み込んでしまっているのです。 ...

    放送法64条(旧32条)と受信規約 - lvpctrn.xii.jp

    放送法64条(旧32条)と受信規約 【半強制的に支払いを義務付ている放送法第64条とは】 nhkの受信料を不払いしていて、2か月毎に届く請求書に不安を感じる方にとんでもなく凄い朗報! 2016年(平成28年)2月26日 第二東京弁護士会 会長 三宅 弘 15(声)第23号 高市早苗総務大臣は、2016年(平成28年)2月8日の衆議院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法第4条違反を理由に、電波法第76条に基づいて電波停止を命じる可能性に言及し、「行政 ... 放送法第4条は、放送番組の編集にあたって放送事業者が遵守すべき事項として、以下の定めを置いている。 「放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければ ...

    公認心理師法施行規則 - mhlw.go.jp

    第 四 条 法 第 七 条 第 一 号 の 文 部 科 学 省 令 ・ 厚 生 労 働 省 令 で 定 め る 者 は 、 次 の と お り と す る 。 一 学 校 教 育 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 十 六 号 ) に よ る 大 学 ( 短 期 大 学 を 除 く 。 附 則 第 八 条 第 一 項 第 一 号 ... Top 放送法64条~まずは「曖昧な契約」の根拠を確認してみよう 放送法第64条 一項(受信契約及び受信料) 協会の放送を受信することのできる受信設備を 設置 した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

    テレビが「放送法4条撤廃」のニュースを報道したくない裏事情

    裏にはしたたかな計算も隠されている。この案では、放送事業に新規参入を認めるだけではない。一部報道では、放送局に「政治的公平性」を義務付けた放送法4条の撤廃も検討され、政府内にはそれを明記した文書が存在していたという。 …放送法(1950年6月施行)に基づく特殊法人で,公共の福祉のために日本全国において受信できるように放送を行うことを目的とする(放送法第7条)日本で唯一の公共放送事業体。正しくは〈にっぽんほうそうきょうかい〉と読み,そのローマ字表記の頭文字を ... 放送法(昭和25年法律第132号)第64条第1項の規定により締結される放送の受信に ついての契約は、次の条項によるものとする。 (放送受信契約の種別) 第1条 日本放送協会(以下「NHK」という。)の行なう放送の受信についての契約

    NHK受信料の窓口-日本放送協会放送受信規約

    (放送受信料の免除) 第10条 放送法第64条第2項の規定に基づき、免除基準に該当する放送受信契約については、申請により、放送受信料を免除する。ただし、災害被災者の放送受信契約については、申請がなくても、期間を定めて免除することがある。 放送法4条及び174条にはこうある。 第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 一 公安及び善良な風俗を害しないこと。

    マスコミ「『放送法4条』を巡る身勝手な主張」 - 国民の知る権利を守る自由報道協会

    ニュースメディア 朝日新聞などマスコミ各社 ニュースタイトル 「『放送法4条』を巡る身勝手な主張」 ニュース掲載・報道日 2016年3月25日~2018年 フェイク理由・ソースurl・その他 国連報告者デビッド・ケイ氏が「放送法4条を撤廃すべき」と言えば(同時に提言された「記者クラブの撤廃」など ... 放送法 第52条の20 総務省 27 無線局の目的変更の許可 第16条の2 総務省 28 無線従事者国家試験 電波法 第41条第2項第1号、第44条、第45 条、第46条 総務省 29 有線放送電話業務の許可 有線放送電話に関する法律 第3条 総務省 30 有線放送電話業務区域外役務提供の許可 有線放送電話に関する法律 第5条 ...

    テレビ・新聞が慌てた「放送法4条騒動」の不毛 | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

    3月中旬以降、多くの新聞・テレビの経営者が「放送法4条の撤廃に反対」を表明し、紙面などを通じて政府を批判する論陣を張った。ところが4月 ... 放送の置かれた立場から言うと、権力者からの独立性が法律的にあいまいです。特に放送法4条に「政治的に公平であること」と書かれています ...

    放送法4条とは - コトバンク

    朝日新聞掲載「キーワード」 - 放送法4条の用語解説 - 放送事業者が国内外で放送する番組の編集について定めた条文。(1)公安及び善良な風俗を害しないこと(2)政治的に公平であること(3)報道は事実をまげないですること(4)意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度 ... ※1 申請書の様式は、規則別表第31号【規則第134条】。 ※2 有線放送に係る一般放送の種類【規則第135条第2号】 有線一般放送 ・ テレビジョン放送 ・ その他 ※3 誓約する書面は、規則別表第32号【規則第136条第1項】。 第七節 財務及び会計(第六十八条―第八十条) 第八節 放送番組の編集等に関する特例(第八十一条―第八十四条) 第九節 雑則(第八十五条―第八十七条) 第四章 放送大学学園(第八十八条―第九十条) 第五章 基幹放送

    【放送法】 - Sakai

    第七節 財務及び会計(第六十八条―第八十条) 第八節 放送番組の編集等に関する特例(第八十一条―第八十四条) 第九節 雑則(第八十五条―第八十七条) 第四章 放送大学学園(第八十八条―第九十条) 第五章 基幹放送 十一 航路標識法(昭和二十四年法律第九十九号)による航路標識又は水路業 務法(昭和二十五年法律第百二号)による水路測量標. 十二 航空法(昭和二十七年法律第二百三十一号)による飛行場又は航空保安 施設で公共の用に供するもの

    【NHK】その対処、本当に正しいの?放送法第64条、そんなに強くないよ? - シノイズム

    放送法第64条. 旧32条から地デジ化に伴って新たに書き加えられ統合されたものが64条です。 ちなみに多くの記事に散見されるのが 「支払い請求を断る」という文言。 現在、nhkの営業員に金銭請求権はありません。正しくは契約の締結代行です。契約の締結 ... 2.だから放送倫理(第4条)に係る外部介入は憲法違反である 3.だから総務相の介入(第174条)を定めた放送法も憲法違反である つまり、条文解釈ではなく放送法自体が違憲とする考え方だ。違憲法に強制力はないから、第4条は自主的な努力に委ねる倫理 ... 放送法の第三章第27条とはnhkへの苦情処理事項が記載されて居り、記載内容は「協会はその業務に関して、申し出があった苦情及びその他の意見に付いては、適切且つ迅速にこれを処理しなければならない」と有る

    放送法 - Wikipedia

    なお同じ第7章では有料放送の視聴契約によらない受信を禁じている(第157条)が、放送法上で放送を受信している、又は受信しようとする側に課している規定は、同条以外では第3章(日本放送協会)の放送受信契約の締結義務(第64条第1項及び第4項)のみである。 放送法に違反した場合は電波を止めることがありうる、という高市総務相の発言に対して、田原総一朗氏ら7人が抗議声明を出した。いいたいことはわかるが、これは法律論としてはナンセンスである。放送法は第4条で「編集準則」を定め、放送局に次の要件を求めている。公安及び 報告を義務づけられた(放送法6条6項,107条, 放送法施行規則4条4項,同条5項)。今回の改 正では,放送事業者の番組編集の自由だけでな く,収入に対する影響にも配慮して,通販番組 に対する総量規制を課すのではなく,番組種別

    放送法 - tele.soumu.go.jp

    第十四条 放送事業者は、内外放送の放送番組の編集に当たつては、国際親善及び外国との交流が損なわれることのないように、当該内外放送の放送対象地域又は業務区域(第百二十六条第二項第四号又は第百三十三条第一項第四号の業務区域をいう。)である外国の地域の自然的経済的社会的文化 ... 規定は,放送法3条の2第1項に設けら れ,①公安及び善良な風俗を害しないこと(公 安・良俗の原則),②政治的に公平であるこ と(政治的公平 ... ・放送法 第32条 (受信契約及び受信料) 1、 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。 ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送 ...



    放送法第4条 † (国内放送等の放送番組の編集等) 第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。 )の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 一 公安及び善良な風俗を害しないこと。 第十四条 放送事業者は、内外放送の放送番組の編集に当たつては、国際親善及び外国との交流が損なわれることのないように、当該内外放送の放送対象地域又は業務区域(第百二十六条第二項第四号又は第百三十三条第一項第四号の業務区域をいう。)である外国の地域の自然的経済的社会的文化 . 朝日新聞掲載「キーワード」 - 放送法4条の用語解説 - 放送事業者が国内外で放送する番組の編集について定めた条文。(1)公安及び善良な風俗を害しないこと(2)政治的に公平であること(3)報道は事実をまげないですること(4)意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度 . 3 基幹放送普及計画は、第二十条第一項、第二項第一号及び第五項に規定する事項、電波法第五条第四項の基幹放送用割当可能周波数、放送に関する技術の発達及び需要の動向、地域の自然的経済的社会的文化的諸事情その他の事情を勘案して定める。 放送法64条(旧32条)と受信規約 【半強制的に支払いを義務付ている放送法第64条とは】 nhkの受信料を不払いしていて、2か月毎に届く請求書に不安を感じる方にとんでもなく凄い朗報! 裏にはしたたかな計算も隠されている。この案では、放送事業に新規参入を認めるだけではない。一部報道では、放送局に「政治的公平性」を義務付けた放送法4条の撤廃も検討され、政府内にはそれを明記した文書が存在していたという。 二 放送法第十六条第四項第二号又は第五号から第七号までに掲げる者 三 電波法(昭和二十五年法律第百三十一号)第五条第三項各号に掲げる者. 2 電波法第五条第一項第一号及び第二号に掲げる者は、放送大学学園の理事となることができない。 放送法第64条1項の正しい解釈は、どのようなものでしょうか?違反した場合のリスクとNHKへの対処方法はなにが正しいのでしょうか?2017年12月6日に、NHKの受信契約を拒んでいた男性が、放送法第64 放送法第64条. 旧32条から地デジ化に伴って新たに書き加えられ統合されたものが64条です。 ちなみに多くの記事に散見されるのが 「支払い請求を断る」という文言。 現在、nhkの営業員に金銭請求権はありません。正しくは契約の締結代行です。契約の締結 . なお同じ第7章では有料放送の視聴契約によらない受信を禁じている(第157条)が、放送法上で放送を受信している、又は受信しようとする側に課している規定は、同条以外では第3章(日本放送協会)の放送受信契約の締結義務(第64条第1項及び第4項)のみである。 第二条 第一条の規定による改正後の放送法(以下「新放送法」という。)第二十条第九項の認可及び新放送法第百七十七条の規定による電波監理審議会に対する諮問並びにこれらに関し必要な手続その他の行為は、これらの規定の例により、この法律の施行前 .