表層透気試験(トレント法) 表層透気試験(トレント法)は,真空ポンプの吸引 によってダブルチャンバー内部を真空状態にし

透 気 試験 トレント 法

  • JIS P 8117:2009 紙及び板紙-透気度及び透気抵抗度試験方法(中間領域)-ガーレー法
  • 「コンクリート構造物の表層品質評価法-表面吸水試験や表層透気試験の活用方法と留意点-」 | 道路構造物ジャーナルNET
  • 透気試験機 パーマトール(トレント法) | 計測技術の総合企業 株式会社 測機社
  • 透気性試験(トレント法) | 関東技術サービス株式会社
  • JIS P 8117:2009 紙及び板紙-透気度及び透気抵抗度試験方法(中間領域)-ガーレー法

    測定した iso 透気度に著しい表裏差がある場合は,必要に応じてそれぞれの面で 10 回の試験を行. い,表裏別々に報告する。 5.7.3. 透気抵抗度が必要であれば, 透気抵抗度(ガーレー)を秒の単位で,有効数字 2 けたで報告する。 正を行った.また,透気試験においては,現場での透気試験 図-3 にはシール法を用いている.シール法とはコンクリート表面 をシールすることでコンクリート内部の透気領域を明確にし 透気量から透気係数を算出するというものである.同一供試

    非破壊試験を活用した コンクリート構造物の管理・検査

    図―5 トレント法の原理 れる。 この試験方法の特長は,"のように一定の断面 積を,一定方向から吸引された空気量から透気性 を求めることができると考えられており,理想的 な状態で試験できているものと考えられている。 netis( 新技術情報提供システム) 利用上の注意事項. netis掲載情報は、当該技術に関する証明、認証その他何ら技術の裏付けを行うものではなく、新技術活用に当たっての参考情報といった性格のものであること。 コンクリート - 透気試験機 | コンクリート試験、金属試験などに使用される精密測定機器、非破壊検査機器。エフティーエス株式会社は、最適な機器を取り揃え、それぞれの特長を持つ幅広いラインナップからご希望の製品をお探しいただけます。

    論文 表層透気試験で得られたコンクリート表層品質の判定結果に関する

    Torrent法によるコンクリートの表層透気試験がある。 Torrent法はコンクリートの物質透過性の違いを透気係 数によって評価することができ,中性化速度係数などの 耐久性に関する特性値と相関があることが報告されて いる2,3) 。これらの報告から分かるよう ... 【試験体】内装材、ボード、断熱材、フィルム材及びそれらの複合体など、様々な試験体で試験することができます。 透湿性試験(カップ法) jis a 1324(カップ法) jis z 0208 試験概要図 jis k 7225 恒温恒湿室 試験体 吸湿剤 カップ 透過水蒸気量 G 透過面積 A 文献「ポリプロピレン短繊維を混入したコンクリートの非破壊・微破壊試験に関する検討 その17 トレント法による透気試験」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。

    表面透気試験による構造体かぶりコンクリート の品質評価に関する基礎的研究

    表層透気係数に及ぼす水セメント比等の配合条件の影響 についても検討しておく必要がある. これらの背景から,本研究では現位置で非破壊により 比較的簡便に試験可能なトレント法 2)による表面透気試 験に着目した.本手法においては,コンクリートの ... 2.シール削孔法による透気係数の算出 2.1 シール削孔法概要 筆者らはこれまで,透気試験において,コンクリート表層の空気吸引口の周囲をラテックス樹脂円形によ り気密処理することにより,透気領域を明確化し,透気係数を現場で測定できる手法を ... 3.4 表面透気試験の結果 柱模擬試験体の 材齢2日間湿潤養 生面と材齢5日間 湿潤養生面におい て,材齢12週に てトレント法によ る透気係数を測定 した結果を図-7 に示す. w/cが低いほど透気係数は小さくなった.透気係数の

    ConCom | コンテンツ 現場探訪 | 話題の現場 | 耐久性の高いコンクリート構造物をつくるための品質評価 ...

    品質の測定可能領域でみると、表面吸水試験(swat)は表層透気試験(トレント法)より浅く、有効な測定範囲は最大でも表面から20mm程度とされている。これはswatの試験方法が、加圧しない自然状態の吸水現象によっているためだが、実際の構造物が曝され ... 本橋では,表層透気試験「トレント法」と,表面吸水試 験「swat法」の2種類の方法を実施することによって, 各施工パターンによるコンクリートの緻密性を評価して おり,その評価結果を用いて施工方法を選定しています。 2.表層透気試験(トレント法)

    コンクリートの透気性試験 - 一般財団法人 ...

    ・試験前養生 試験体内部の水分分布が平衡状態にな るまで乾燥養生(50℃) ・試験方法 試験セルに試験体をセットし、試験セ ル内に窒素ガスを加圧(3段階)させ て、試験体を通過したガスの量を測定 し、透気係数を求めます。 コンクリートの透気性試験 表層透気試験(Torrent法) 本試験は,硬化したコンクリートの緻密性を原位置で評価する非破壊試験法のひとつとして位置づけられています.ダブルチャンバーから吸引によってコンクリート表層を真空状態にし,その後真空ポンプによる吸引を停止し,チャンバー内の気圧が回復するまでの ...

    透気性 | 株式会社太平洋コンサルタント

    コンクリートの透気性に関する次のキーワード、透気性試験、トレント法、透気係数、酸素透過係数等の関係技術について、弊社は最新の測定技術で要望にお応えします。コンクリートの透気性に関する技術紹介のページはこちらです。 エフティーエスの【透気試験機】パーマトールの技術や価格情報などをご紹介。表層コンクリートの透気性能を完全非破壊 ...

    「コンクリート構造物の表層品質評価法-表面吸水試験や表層透気試験の活用方法と留意点-」 | 道路構造物ジャーナルNET

    ここでは、東北地整の手引きにおいて活用されている、表面吸水試験(swat) 4) (写真1)と表層透気試験(トレント法) 5) (写真2)の2つを紹介する。どちらも計測自体は非常に簡便であるが、計測器の特性を理解して品質評価に使用することが重要である。 コンクリート非破壊試験(衝撃弾性波 表面2点法) 土木研究所: 別途見積 - コンクリート非破壊試験(超音波法) 土木研究所 - コンクリートの透気性試験(トレント法) netis/sia262 - コンクリート厚さ測定(超音波法・衝撃弾性波法) 1箇所 - 目視に ... 簡易法における試験方法の確立と標準的判定基準の決定. 表層透気試験による測定結果と. w/c. の関係 同. w/cでも表層品質には大きな変動がある 【 進捗状況( fs研究の成果)】 ・表層透気試験(トレント法)を用い国内. 9現場で計測 . 強度(

    コンクリート調査 | 土木管理総合試験所

    微破壊試験については外部供試体(ボス供試体)または小径コア法、非破壊試験については衝撃弾性波法(表面2点法)にて行います。 測定者はソフトコアリング協会及び(独)土木研究所による講習会の修了者が従事します。 表層透気試験(トレント法) 2)と表層透気試験(トレント法)3) を用い た。また,コンクリートの耐凍害性の指標として,硬化コン クリートの空気量を,ポータブル版硬化コンクリート気泡測 定装置(hf-mac02)を用いて計測した。 今回の調査では改良した表面吸水試験装置を用いた。これ

    表層透気試験(トレント法)の実務展開

    たコア)において,表層透気試験などの方法によって検 査しなければならないとしている。あわせて,実構造物 における表層透気試験(トレント法)に関しての標準規 格(sia 262/1-付属書e)も整備された。さらに,実際 本研究で詳細法のひとつとして位置付けた表層透気試験(トレント法)を用い,国内の新設構造物を対 象に面的に複数のデータの取得を行った.fs研究として,群馬県および国土交通省中国地整の協力を 得て,これまでに計9現場の構造物の測定を実施し,本格研究において国内基準値を検討 ... 透気試験機を写真-2に示す. 写真-2 透気試験機(トレント法) 目的 計測項目 湿潤状態の保持 表面水分量の比較 強度発現 圧縮強度の比較 緻密化 耐久性の向上 透気グレードによる比較 = ×100 (コンクリート+水分)の重量 水分の重量 水分量(%)

    透気試験機 パーマトール(トレント法) | 計測技術の総合企業 株式会社 測機社

    株式会社測機社の透気試験機 パーマトール(トレント法)です。測量機を創め土木計測器・気象機器・試験機から環境・防災機器と”測る技術の市場ニーズ”に対応して参りました。計測機器・計画・設計・製作・施工から保守管理に至るソフト面も対応しています。 リートの透気試験を実橋床版に対して適用した結果、透気係数の大小と中性化の程度に関係が認められ、強度試 験だけではわかりにくい耐久性の良否を評価できる可能性があった。一方、室内試験の結果からは、品質が一定 度を、トレント法による非破壊検査法によって評 価する方法を確立しようとするものである。 2.各種気体透過試験方法 (1) ダブルチャンバーによる透気試験方法(ト レント法) トレント法の測定部は、内側チャンバーと外側

    非破壊試験によるコンクリートの 品質検査に関する基礎的検討

    c) 透気係数 非破壊でコンクリート表層の透気性を評価するため、 二重チャンバー方式の表層透気試験(Torrent 法)3)を行 い、透気係数を測定した。本試験は、壁状供試体と角柱 供試体について実施した。この方法によれば、シングル の影響について検討するため,トレント法により表層透気試験を行った結果について報告する。 2. 実験概要 2.1 試験体およびコンクリートの配合 試験体作製に使用したコンクリートの配合を表-1 に示 す。配合は,目標スランプ18cm±2(No.1)および8±2cm

    トピックス|(株)計測リサーチコンサルタント

    トレント法による透気試験は、品質確認の他に、表面改質剤・表面塗布剤の効果の確認、塗膜性能の確認、経年劣化による耐久性評価に適用できると考えられています。そのため、近年は技術提案にも採用される等、広く利用されています。 コンクリート表層部の緻密性(透気性能)と関係があることから、かぶり厚とともにコンクリート表層部の品質確認が耐久 性能を考える上で非常に重要です。 表層部の緻密性の確認試験の1つとして、 トレント法があります。今回は、そのトレント法

    JIS透気度試験方法におけるガーレー試験機法と王研式試験機法

    JIS透気度試験方法におけるガーレー試験機法と王研式試験機法 1 はじめに 日本では、紙の透気度試験方法として、米国のTAPPI規格にあるガーレー試験機法が採用され、製紙会社 【透気試験機】パーマトールAC すべての製品 | コンクリート試験、金属試験などに使用される精密測定機器、非破壊検査機器。エフティーエス株式会社は、最適な機器を取り揃え、それぞれの特長を持つ幅広いラインナップからご希望の製品をお探しいただけます。

    コンクリートの品質を診断する - bunken.rtri.or.jp

    ☞ トレント法(トレント試験) スイスのTorrent博士が1992年に発表したダブルチャンバー法表層透気試験 の通称。日本国内では2010年頃より試験装置が普及し始めました。現行の機種は 操作性などが改良された3世代目です。 論文 現場透気試験によるかぶりコンクリートの耐久性能評価手法の検討 河合慶有*1・國方翔太*2・氏家勲*3 要旨:本論文はコンクリートの含水率と透気係数の関係に着目し,実部材サイズの供試体を用いてかぶりコ 透気係数が1kt(×10-16)以下の範囲において, 塗布後の透気係数は,塗布前に比べて小さくな る傾向が確認された.しかし,表面水率が5% よりも高い状態で透気係数を測定した場合には, 含浸材塗布前であってもトレント法の測定範囲

    各種コンクリート配合に対する表層品質試験評価に関する一考察

    表層透気試験(トレント法) 表層透気試験(トレント法)は,真空ポンプの吸引 によってダブルチャンバー内部を真空状態にし,そ の後吸引を停止し,チャンバー内の圧力が一定量回 復するまでの時間から一次元方向の表層コンクリー トの透気性を評価 ... 透水・透気試験、圧密試験. 透水試験は飽和状態での土中水の流れを定量的に計測する試験です。当社は粘性土からフィルダム、河川、海岸堤防の堤体等の粗粒材料に対応出来るように、試験容器の直径は50mmから600mmまで保有しています。

    透気性試験(トレント法) | 関東技術サービス株式会社

    > 透気性試験(トレント法 ... パーマトールは、表層コンクリートの透気性能を完全非破壊でかつ非常に簡単に現場や試験室で測定できます。 測定原理と仕組み. 空気の通しにくさを表す透気係数[kT 値] を算出します。 <算出方法>セル内の空気を真空ポンプを使用して吸い上げた状態の圧力を ... 表層透気試験(トレント法)は,試験範囲内の上下2か所 において,材齢7日および28日で実施した。気泡分布は, astmc457-16によるリニアトラバース法に準拠して測 定した。試験位置①~③を対象とし,各位置のコンクリー 必要なときに、必要な期間の非破壊検査機器、精密測定機器、計測機器をレンタルします。最新の検査機器もレンタルでお ...

    「コンクリート構造物の表層品質評価法-表面吸水試験や表層透気試験の活用方法と留意点-」 | 道路構造物ジャーナルNET

    2.2 表層透気試験(トレント法) 表層透気試験(トレント法:開発者の名前から採用)はダブルチャンバーの吸引によってコンクリート表層を真空状態にし、その後真空ポンプによる吸引を停止し、チャンバー内の気圧が回復するまでの時間から一次元方向の表層コンクリートの透気性を評価 ... 透気性試験は、測定器(パーマトール)を使用しトレント法のグレーディングによって、コンクリート表層部の透気性能を測定し品質を確認することで耐久性能を評価します。 ・コンクリート診断状況(Torrent法による表面透気係数試験) 外観調査 透気試験(パーマトール/トレント法) コンクリート表層品質試験機は、構造物の耐久性評価のための有力なツールとして、 現在、多くの建設現場において導入が進められています。 この代表的な試験方法としてトレント透気試験機があります。

    トレント法によるコンクリートの表層透気試験

    非破壊試験部 調査課 トレント法によるコンクリートの表層透気試験 試験原理 この試験は,コンクリート表面にチャンバーを設置して減圧することにより、内部の 気圧変化から透気係数を算出し、コンクリート表面の密実性を評価します。 非破壊試験法については,透気試験法1)や透水試験法2) などが代表的な試験方法である。その他にも散水試験3) や流水試験4)などが提案されている。 本研究では,物質移動抵抗性の中で代表的に用いられ ている透気試験法について検討を行った。本研究で用い お気軽にお問い合わせください. 03(3833)2016. 03(3835)9273

    表面透気試験による実構造物コンクリート表層の透気性評価の 相互評価および材齢による相違

    定できる表面透気試験を実施し,透気性に基づく表層品質の評価および相互比較を行った. 2 試験概要 表面透気試験には,トレント法に基づいた表面透気試験装置3)を用いた.この装置はコンクリ 透気試験機 パーマトール(トレント法) コンクリートの性能はコンクリートの配合、打設方法、型枠の種類、養生方法によって大きく変化します。 したがって表層コンクリート(カバーコンクリート)の品質を確認することは耐久性能を考える上で非常に ...



    非破壊試験部 調査課 トレント法によるコンクリートの表層透気試験 試験原理 この試験は,コンクリート表面にチャンバーを設置して減圧することにより、内部の 気圧変化から透気係数を算出し、コンクリート表面の密実性を評価します。 > 透気性試験(トレント法 . パーマトールは、表層コンクリートの透気性能を完全非破壊でかつ非常に簡単に現場や試験室で測定できます。 測定原理と仕組み. 空気の通しにくさを表す透気係数[kT 値] を算出します。 <算出方法>セル内の空気を真空ポンプを使用して吸い上げた状態の圧力を . 株式会社測機社の透気試験機 パーマトール(トレント法)です。測量機を創め土木計測器・気象機器・試験機から環境・防災機器と”測る技術の市場ニーズ”に対応して参りました。計測機器・計画・設計・製作・施工から保守管理に至るソフト面も対応しています。 たコア)において,表層透気試験などの方法によって検 査しなければならないとしている。あわせて,実構造物 における表層透気試験(トレント法)に関しての標準規 格(sia 262/1-付属書e)も整備された。さらに,実際 広島 の 川 地図. ☞ トレント法(トレント試験) スイスのTorrent博士が1992年に発表したダブルチャンバー法表層透気試験 の通称。日本国内では2010年頃より試験装置が普及し始めました。現行の機種は 操作性などが改良された3世代目です。 2.2 表層透気試験(トレント法) 表層透気試験(トレント法:開発者の名前から採用)はダブルチャンバーの吸引によってコンクリート表層を真空状態にし、その後真空ポンプによる吸引を停止し、チャンバー内の気圧が回復するまでの時間から一次元方向の表層コンクリートの透気性を評価 . 消費 税 米. Torrent法によるコンクリートの表層透気試験がある。 Torrent法はコンクリートの物質透過性の違いを透気係 数によって評価することができ,中性化速度係数などの 耐久性に関する特性値と相関があることが報告されて いる2,3) 。これらの報告から分かるよう . 秋 の お出かけ スポット 九州. ここでは、東北地整の手引きにおいて活用されている、表面吸水試験(swat) 4) (写真1)と表層透気試験(トレント法) 5) (写真2)の2つを紹介する。どちらも計測自体は非常に簡便であるが、計測器の特性を理解して品質評価に使用することが重要である。 図―5 トレント法の原理 れる。 この試験方法の特長は,"のように一定の断面 積を,一定方向から吸引された空気量から透気性 を求めることができると考えられており,理想的 な状態で試験できているものと考えられている。 表層透気係数に及ぼす水セメント比等の配合条件の影響 についても検討しておく必要がある. これらの背景から,本研究では現位置で非破壊により 比較的簡便に試験可能なトレント法 2)による表面透気試 験に着目した.本手法においては,コンクリートの . トレント法による透気試験は、品質確認の他に、表面改質剤・表面塗布剤の効果の確認、塗膜性能の確認、経年劣化による耐久性評価に適用できると考えられています。そのため、近年は技術提案にも採用される等、広く利用されています。